私の理想のご夫婦は天皇・皇后さまご夫妻♡
テレビでお見かけするたびにおふたりの温かい愛を感じます。その愛は、いつもお互いが相手のことを大切に思う気持ち。そして、支え合うお姿。
『私の伴侶に何かあったら大変!』とお互いを自分以上に大切にしている。とても素敵だなぁとテレビに映るおふたりにはいつも見惚れてしまいます。

夫婦は家族の中でも他人同士。
相手は何を考え何を求めて何をしたいのか?
一番わからない人。
だからこそ気を遣い相手の様子をいつも気にかけて、話に耳を傾け、理解しようと努力する。そして相手に何かあったらさっと手を出して助けてあげなくては。
だって、ずっと死ぬまで一緒にいる人だから。

うちの場合…相手もそう思ってくれているのかな?
そうね〜、もし私が転びそうになったらきっと助けてくれると思います。

以前、ニュースで政府専用機のタラップを天皇陛下が降りる際にちょっとつまずいた瞬間、皇后さまがサッと手を差し伸べました。
皇后さまは陛下になにかあった時には自分が身代わりになるご覚悟がある。

それって、ご主人が天皇陛下だからなんでしょうか?

美智子皇后さまは、一般人から初めて迎えられたプリンセス。ご結婚後はご自分の手で子育てをし、皇室の中を改革していきました。周りのバッシングも凄まじかったことでしょう。それもこれも陛下のご理解と愛があったからこそできたことだと思います。

皇后さまは陛下に感謝していますし、心から大切に想い愛していらっしゃいます。
テレビの画面からもその愛は伝わってきます。

先日、電車に乗ったときのこと。
始めは空いていたのですぐに座らせていただきました。
いくつか駅を過ぎた頃、年配の方が乗って来られたので『どうぞ』と席を譲りました。

私は立ってドアの方へ行くと、ドアの横の席に座っていたご婦人が私に会釈をしました。
『 ん? ? あーそうか、私が席を譲った方とご夫婦なのね。』(私の主人に席を譲っていただきましてありがとうございます。)という意味だったのでしょう。

仲良しのご夫婦だなぁ♡

普段 家の中ではもしかしたらご主人は亭主関白で奥様はそんなご主人の愚痴ばかりこぼして、苦労しているかもしれません。でも、やっぱり大切なんです。
ご主人が幸せだと自分も幸せ。そう思っているに違いありません。

私の両親もそうなんですが、昭和の古いご夫婦によくあるパターンが、相手の文句を言いつつとても愛していて一日に何度も『お父さん、お父さん。』『お母さん、お母さん。』と呼び合っています。

お互いを必要としているのがこれだけでよくわかります。
( *´艸`)

喧嘩が絶えず、お互い傷つけ合い、仮面夫婦とか家庭内別居とか色々な夫婦の形ってあると思うけど、別れない限り一日に何度も相手のことをお互いが考えている。
夫婦って本当はそれだけで十分なのではないでしょうか?
それなのに、相手に色々求めてしまう。それが行き過ぎると無理が生じて喧嘩になってしまったり、相手を傷つけてしまったり、おしまいには愛を偽ってしまう。
目の前の人は自分にとって本当は必要で大切な存在なのに。

私の旦那さんは、親父ギャグ連発の短気でお人好し。
喧嘩をすることもあるけれど、どうせ一生一緒にいるのなら、毎日向き合って笑っていたいと思います。

天皇・皇后陛下のご夫婦を目標にして♡