人が壁にぶつかって、それをやっとの思いで乗り越えられた時に思うこと。

『あの時、あのこと(試練)がなければ今の私は無い!』

神様は時に浄化作用として、人生の節目に『大変なこと』をくださいます。
その出来事とは辛くてキツイ事かもしれませんがそれを乗り越えた後には素晴らしい未来が待っています。

そう!それは神様からのギフト。。
神様は乗り越えられる人にしかその事を起こさない。

これも神様の愛…*

そこに気付かず、愚痴を言ったり目を背けていると同じことを繰り返し無限ループから抜け出せない。神様は何度でも同じことを起こすのです。

先には光があるのに、人は楽な方を選んでしまい変わるのを恐れる。

ギフトと言えばプレゼントと同じく、いただいたら『嬉しいもの』を連想します。でも、乗り越える前まではとてもギフトなどとは思えない、神様はなんて酷い目に合わせるんだ!とか神様なんてやっぱりいないじゃないか!と怒りや悲しみに陥るかもしれません。

けれどいざ乗り越えられた暁には自分が大きく成長し、前よりも人間性が上がっていることに気付くはずです。

浄化中、神様はずっと側で応援してくださいます。
逆上がりがなかなかできず泣きならが頑張っている子どもを親が励ますように。

でもどうしたら神様からのギフト (この人生の大峠とも言えるご浄化) をスムーズに越えることができるのでしょうか。

先ずはありのままの事態をギフトとして受け取ること。
(ここ大事。)
そして、日々神様に感謝し、自分の周りの人や周りにあるもの周りで起こることすべてに感謝して過ごすことだと思います。
感謝は神様に直結しています。
何故なら、この世にあるものはすべてが神のものだからです。

胸に湧いてくるひとつひとつの感情でさえ、自分のものではありません。

日々神様に感謝して周りに感謝し、不安な時は神様とお話します。
そうすれば、きっと神様は『よしよし、そんなに辛いならあの人に会ってごらん。』と言って人生の道を開くキーマンをご用意してくださるかもしれません。

また歩いている道が遠回りをしていたなら、近道をご用意してくださることでしょう。

ギフトを受け取ったら、感謝して気づくことです。
神様の顕している奇蹟に。

すべては神が起こしているギフトなのです♡