9月の天草の旅行で出会ったルルドのマリア様。
帰ってから写真を眺めながら絵を描いていてふと不思議なことを発見したんです。
マリア様にお会いしたくて教会へ寄ったのは一日目と二日目の二回。
その写真…
一日目と二日目のマリア様のお顔がぜんぜん違うのです。

一日目

二日目

陽当たりの加減もあるのかもしれませんが、それにしてもまるで別人…
不思議に思い陰陽道の先生にその写真を送ってみました。
すると…

よく写真家が仏像などを連写で撮っても一枚だけ仏像が違う顔を見せるときがあるそうです。
それは、仏像の作り手の想いが一瞬映し出される場合があるからだそうです。

陰陽道の先生は『うーん、それにしてもこの写真は違いすぎる。まるで陰と陽ですね。わざと見せたのか?二日目は呼ばれたのかもしれませんよ。何かありますね。ちょっと、調べます。』ということで、この話は一度お預けしました。

絵を描いたその後、私はどうしてもマリア像が欲しくて購入してしまいました♡

それがこちらの『ルルドのマリア像』

次の日、先生からこんなお返事が。
『マリア様に認められましたね。マリア像を買ってください。御霊が入りますよ。』

ぇ〜え〜?
買ったよ〜!
凄すぎ!!

家にマリア像が到着すると、またすぐにマリア像の写真を先生に送りました。

『テティス』
『ウェヌス』
『マイア』

この三体の神々をマリア様がよこしていると言われました。
調べると

『テティス』
ギリシャ神話の女神
オーケアノスの妻で、3,000人の河神の息子と、オーケアニデスと総称される3,000人の海や泉、地下水の女神の母である。

『ウェヌス』
ローマ神話の愛と美の女神
英語読みではヴィーナスと呼ばれる。

『マイア』
豊穣の女神

できればルルドのマリア様以外にも二体、天使か何か置いて欲しいと言われたので、小さな天使のせとものを購入しました。


ということであれから毎日手を合わせ感謝して
『平和の祈り』を捧げています。

そして最近、マリア様の前にお水のペットボトルを置いて聖水を作っています。
一週間ほど置いたころ、お腹が痛かったのでいただいてみました。

すると、みるみるうちに治ってしまったのです♡

早速、いろはすのミニペットボトルを箱買い。
聖水が出来上がったら、周りの人にお分けしようと思います( ◠‿◠ )♡

清らかなマリア様の聖水はどのような奇跡を見せてくださるのでしょうか?

そしてこれからマリア様には毎日の出来事をお話してみようと思います。きっと愛深く導いてくださることでしょう♡