昨日は関東地方は四年ぶりの大雪に見舞われました。横浜はお昼過ぎから降り出しましたが、あっという間に辺りは銀世界になりました。

息子の中学も三時限で終わり、学校からメールが届くと同時に『今から帰る』と息子からラインが入りました。『でも、サイゼリアで友達とご飯食べてから帰るから』って?
何故、学校が早く終わったのか?わかっていないようです。

『電車止まるよ、知らないよ〜、』
どんどん降り積もる家の周辺の写メを彼のラインへ送りましたが、言うことを聞く年頃ではないので放っておくことにしました。

家の前は、ちょうど坂道から上がった平らな道なんですが、坂の下から吹き上げてくる風の通り道なので、窓から見る景色は猛吹雪です。

この吹雪。。四年前にも見た光景です。
そう言えばあの時、窓の外を見ながら同じことを思っていました。

それは、この大雪は『自然界の大浄化』。

近年の関東地方は、大きな災害を何気に逃れているように感じています。
地震・津波・土砂災害・豪雨・河川氾濫・噴火……よその地方では、記憶に新しい自然災害がいくつかありますが、関東はそれほどではありません。

陰陽師の先生いわく、裏で治めている人たちがいるそうですが。

一晩で23センチ。
昼から物凄い勢いで降り始めて、人々に足止めを食らわす。
都心に交通マヒを起こし、企業やビジネスマンの足を止めて、神様は何を戒めろと仰っているのでしょうか?

気づきなさい………
一度立ち止まって、思い出しなさい………

今朝はお日様が出て、雪かきの音があちこちから聞こえます。雪も雫になり、どんどん流れています。家の屋根や緑に積もった雪が溶けて、見慣れた景色に戻ったとしても、きっと何かが一掃されていることでしょう。
大雪による関東の大浄化は、一体何を祓い清めてくださったのでしょうか。